×
HOME>特集>死を前向きに捉えることで生きる意味を見出だせる

自分らしい最期を

昔と比べて大きく変わっているのが、葬儀・告別式だと言われています。千葉市内には多くの葬儀社がありますが、各々が故人と遺族に寄り添った葬儀・告別式をサポートしてくれます。祭壇や会葬御礼状に関しても、故人や遺族の思いを尊重してくれます。死を暗くて後ろ向きに捉えるのではなく、生きて行く先の延長線上にあるという考え方です。専任の葬祭ディレクターが常駐していることで、困ったことや要望を細かく伝えることが出来ます。宿泊ルームや浴室が備わっている会館が大半ですし、遠方からの参列者があっても安心ではないでしょうか。

各種イベント

近年は、終活がブームになっています。千葉市内においても、葬儀社が主催する終活がイベントが開催されています。祭壇や棺桶、供花や霊柩車、普段は見られない葬儀・告別式の裏側を知ることが出来ます。また、互助会システムがあるのもメリットではないでしょうか。葬儀・告別式の平均的な費用は、200万円だと言われています。あらかじめ互助会に加入をしておくと、金銭的な負担が減って受けられるサービスが増えます。毎月の掛け金は少ないですし、不安の解消に繋がるのではないでしょうか。