×

家族葬が多いです

鈴

千葉市における葬儀では親族のみが参列する家族葬が主流となっています。かつては親族のほか、友人や会社関係者なども参列する一般葬が多く執り行われており、そこでは近隣住民によるサポートが欠かせませんでしたが、近年は核家族化により近隣住民との関係が希薄になっている事情から家族葬が多くなっています。こうした状況から市内には家族葬を専門に扱う葬儀会社も数多く展開されています。故人宅で実施されることが多かった一般葬とは異なり、家族葬では葬儀会社で執り行われることが通常ですが、葬儀会社の役割は会場の提供だけではありません。遺体の安置や通夜、告別式、出棺など葬式に関するあらゆる儀式について的確にサポートしてくれます。葬式となりますと多くの人は初めてのことで不安も多いのが実情です。葬儀会社ではこれまで数多くの家族葬を手掛けてきた実績を持っていますので、的確にサポートすることが出来ます。このため葬式を執り行う遺族側の負担もかなり軽減されることとなります。また家族葬は小規模での実施となりますので、費用もそれほど掛からないところも大きな魅力です。一般葬となりますと100万円以上することが多いですが、家族葬では数十万円程度に抑えることができます。

上手に利活用しよう

葬儀会場

千葉市にある家族葬を扱う葬儀会社を利用する目的としては費用の安さと負担の軽減にあります。家族葬は小規模ですので費用はかなり抑えることが出来ますし、葬式に関する様々な儀式についてスタッフが的確にサポートしてくれますので、負担軽減にも繋がります。実際、葬式となりますと受付や僧侶の接待、通夜での振る舞いなど様々な儀式に対応しなければなりません。親族だけの参加という小規模スタイルではあるものの、遺族側の負担は計り知れないと言えます。しかも現代は少子高齢化であり残された人が少ない場合には、この負担はかなりのものとなります。こうしたことから、葬式を的確にサポートしてくれる葬儀会社のスタッフの存在は非常にありがたいものと言えます。また活用方法としては一連の儀式終了後における様々なイベントに関するサポートが挙げられます。葬式というのは一連の儀式が終了したらそれで終わりではありません。一連の儀式終了後においても初七日法要や香典返し、四十九日法要など様々なイベントが控えています。こうしたイベントについても葬儀会社から的確なアドバイスを受けることで、円滑に進めることが出来るのです。